よくあるご質問

どんな水でも使用できますか?

水道水以外の水なら、どのような水でもご使用いただけます。
残留塩素を含む水道水をご使用されますと、正常に水素水が生成されなかったり、製品の劣化を早めてしまう恐れがありますので、水素水生成時もオゾン水生成時も浄水(残留塩素が80%程度以上、除去された水)をお使いください。

水以外でも使用可能ですか?

残留塩素を含む水道水と乳製品(牛乳やカフェオレ等)は、電子部品に故障をきたす恐れがあり、製品の劣化を早めてしまう原因となります。
そのため、水道水と乳製品以外をお使いいただくことは可能です。例えばジュースを入れて「水素ジュース」にしたり、お茶を入れて「水素茶」を作ることができます。

水素の抜け具合は水温や気温に関係しますか?

気温の変化は直接的には影響はありませんが、水温の変化は、水素の溶存量や持続時間に大きく影響を及ぼします。
水温20度前後の水で生成時の溶存水素濃度1.2ppm以上。
水温が低いほど、生成時の溶存水素濃度は上がり、水温が高いほど、生成時の溶存水素濃度は下がります。
室温20度〜25度程度の常温保存の場合、12時間経過後の溶存水素濃度は1.0ppm以上。
室温の影響により、水温が下がると溶存水素の持続時間は延び、水温が上がると溶存水素の持続時間は短くなります。
※東京都の水道水の平均温度:16度
※ご使用の水質により上記の水素溶存濃度は若干変化いたします。

温かい水素水を飲みたいのですが、水素濃度に影響がでますか?

水素が水の中に溶存できる量は、化学的に水温に依存することが判っております。
水温20度における水素溶存量を100%とすると、水温40度の場合で約80%、水温60度の場合で約40%、水温80度の場合でほぼ0となります。
また、水素水を生成後、沸騰ないし温めた場合、その過程で水素が抜けてしまいますので、温かい水素水を飲用する場合には、水を温めてから水素水を生成していただくことをお勧めしています。

水素水は、乳幼児や高齢者が飲んでも問題ありませんか?

飲用水そのものを電気分解して生成された水素水(電解水素水、電解水)は、電気分解することで溶存酸素量が減少してしまうことから、乳幼児や高齢者、高血圧の方は飲用しない方が良いと言わる医師や学者もいます。
また、マグネシウム反応方式で生成された水素水も、同時に水酸化マグネシウム等を摂取してしまうことから、特に乳幼児にはお勧めできません。
しかし、当社製品「Lourdes」は、水素の生成方法は電気分解方式ですが、その水素を飲用水に充填するという形ですので、水素水の生成方法は水素ガス充填方式と同様になります。
そのため、上記の問題点を解消しておりますので、乳幼児でも高齢者でも、どのような疾患をお持ちの方でも、安心して飲用していただくことができます。

水素水で薬を飲んでも大丈夫ですか?

飲用水そのものを電気分解して生成された水素水(電解水素水、電解水)では、使用する水によっては、含まれているミネラル成分がイオン化してしまうため、それが薬の成分とが強く結合(キレート)して、薬の成分が吸収されるのを阻害してしまうことがあるため、薬によっては飲んではいけないものもあります。
しかし、飲用水そのものを電気分解していない当社製品「Lourdes」では、薬の成分と反応する成分は含有することがありませんので、薬と一緒に飲まれても問題ありません。

フィルターの交換等はありますか?

9ヵ月間に1度、カートリッジ(イオン交換樹脂)の交換が必要となります。
料金は3,056円(税込)で、簡単に交換できるワンタッチタイプとなっています。
*6ヶ月に1回の交換用カートリッジも2,030円(税込)でご用意しています。

どうやってお手入れすればいいのでしょうか?

特別なお手入れは必要ありません。
オゾン水を生成することで製品自体が殺菌されますので、週に3回程度(2日に1回程度)、オゾン水を作ってすすぐだけで十分です。

故障時の保証などはありますか?

ご購入から1年間は無償保証ですので、お客様の故意による故障や破損等以外であれば、無償で修理いたします。(初期不良の場合は、製品そのものを無償交換。)
それ以降は、故障の箇所に応じて有償修理となります。



ご購入方法はこちら